パントテニルアルコールは薄毛への効果も期待されている成分です。

正式名のパントテニルアルコールよりも、パンテノールという言い方が一般的かもしれません。

パンテノールは女性向けのシャンプーやコンディショナーにも多く使用されていますし、育毛効果も確認されています。

薄毛対策として使う場合は、シャンプーやコンディショナーもいいのですが、シリコンが配合されているものは、毛穴つまりの原因となります。

できるだけノンシリコンでパンテノールを使用している物を選びましょう。

一番理想的なのは、育毛剤として使用する方法です。

パンテノールを配合している育毛剤もありますので、探してみてください。

中には高い効果が期待できる育毛剤として人気商品となっている物もありますが、医薬部外品なので効果には個人差もあります。

パンテノールに期待できる効果は、細胞の活性化です。

これにより頭皮の代謝も上がり、血行が促進されるので頭皮環境が整います。

さらに育毛と発毛を促進する効果も期待できるので、薄毛対策にも役立ちます。

頭皮の荒れを防ぎかゆみなどの予防効果も期待出来ます。

以外にも紫外線を防ぐ効果もあるので、紫外線の影響を受けやすい頭皮に育毛剤として使えば、頭皮の紫外線ダメージも軽減出来ます。

医薬品とは違うので副作用のリスクはありませんが、効果の実感具合は個人差が大きくなります。

薄毛治療というよりは、ヘアケアに使うイメージで取り入れるのがオススメです。

<オススメ>薄毛治療の存在価値<名古屋>