お家で明瞭!本格スパイスカレーは単に4つのスパイスで作れます!

市販のカレーのルーを使わない、スパイスだけで定めるカレー作りにはまっていらっしゃる。
どうにも結構難しそうな感じですが、実は簡単です。有名上級ならカレー作りに必要なスパイスは大勢揃っていらっしゃる。
こちらが取り扱うスパイスは、「ターメリック」「クミン」「コリアンダー」「レッドペパー」主としてこういう4材質だ。
ターメリックはカレーのイエローを出すために使います。クミンとコリアンダーはカレーの出し汁備えだ。レッドペパーは辛味のためです。
あとはそれらスパイスを自分勝手のブレンドをし、オリジナルカレースパイスとして使います。
スパイス以外のマテリアルは、たまねぎ、にんにく、しょうが、骨付きチキン、ヨーグルト、トマト、セロリだ。
カギなのは、骨付きのお肉を扱うことです。コクが現れるような気がします。勿論、市販のコンソメ等のスープの根源を使ってコク取り出ししてもいいと思うのですが、何とかカレールーを使わない作り方をしているので、あたいはスープの根源も使わないやり方で作っていらっしゃる。
あんまりのポイントは、骨付きチキンをゆうべからヨーグルトマリネをすることだ。方法はかなり簡単で、ナイロン包みにヨーグルト、骨付きチキン、塩気コショウ、クミンを入れ、もみ込んで冷蔵庫に入れておくだけだ。これだけで、お肉がとっても瑞々しい出来栄えになります。
あとはずいぶん簡単です。鍋にサラダオイル、おろしにんにく、しょうがを炒め、異臭が過ぎみじん切りのたまねぎを入れます。そして、スパイス3材質と塩気を入れます。スパイスは炒めることにより粉くささが取り去れ、一段と異臭の大きいものに罹るような気がします。塩気の使い道も非常に大切です。スパイスはトーンや異臭だけの使い道であって、味わいは無いのです。なので、味付けは塩気がメインになります。方針多めに押し込めることが重要です。そして薄切りのセロリと湯むきしたざく切りトマトをいれて煮詰めます。
煮汁がトロリとしてきたらマリネしたチキンを、漬け汁たび鍋に入れます。あとは一心にゆでるだけだ。ドロッとしたカレーがホビーなら、フタをせず、散々煮詰めて下さい。サラリとしたカレーがおホビーならば、案外煮詰めすぎないように、だ。好みの煮え様態になりましたらしっかり味見をして、無いようであれば塩気を加えて下さい。
市販のカレールーを取り扱うより、油分が少ないのでさっぱりしたカレーで沢山食べれます。そしてなによりも、痛烈スパイスの異臭と辛味をダイレクトに味わえ、スパイスカレー好きな方におすすめです。キレイモ パック