夏にぴったりな和菓子のシリコン形態を見つけました

和菓子組み立てはハードルが高いと思われているようですが、実にはやってみると本当に簡単に出来るものが多いです。
製菓テーマ店舗にも和菓子テーマの取扱いがありますし、餡輩も執念を持って作っている職場があります。
餡輩は自分で炊くといったかなり大変ですし、時間もかかるので自分の好みのものを取り扱っているウェブショップを見つけておくのも良しかもしれません。

そういった製菓テーマ店舗で和菓子の仕様を見つけました。
一般的に和菓子の仕様は木か陶器で出来ているものが多いのですが、その仕様はシリコン製だったのです。
シリコンだから抜き易いという厚意があります。
ドラフトも夏季らしいので、習得を通してみました。
金魚鉢のドラフトでその鉢に合うように低い金魚を水草の仕様も同然にあたっていました。
製法もポータルサイトに掲載されていたので、これで水まんじゅうを作ってみるのもいいんじゃないかなとしてある。

夏季らしき涼しげな和菓子もすばらしいものだと思います。http://www.presto-tek.biz/musee-ryokin.html