夏シーズンはコットン・アイテムがよい肌感覚

気温が低くて寒いけれど冬は衣類の消耗が低いシーズン、汗をかくのはお風呂タイムくらい、出勤に必須のハンカチも長持ちアイテムです。冬ならば柔らかいタオル地商品、夏でも最近は肌感触がさらりとした安値がありますが、薄っすらの汗にフィットするのはコットンですね。現代風はノーアイロンの便利でタオル仕様が主流、洗濯して乾けば整頓するのによい効率、普段は安いタオル地使用の女性が多いようです。やや厚手の日常タオル地はベストな便利ものですが、夏の暑い気温でよい肌感覚は昔ながらのコットン繊維、自然繊維なので肌に涼しくさらりと乾くのが夏向きです。この良質は家にいる時でも掃除とか料理タイム用、洗濯したらきちんと伸ばして連日使っています。家で使うのでコットン・アイテムは年季という雰囲気の一枚、プリントの柄は地味な感じのものがふだん用。一週間に2回くらい洗濯するので必要分は少量、夏に掃除とか料理しながら使う日常アイテムです。借金する方法

あまりにバカバカしいんですけど・・・ランチメイト症候群の記事を読んで。

何気なくネットのニュースを見ていたら、「ランチメイト症候群」なるものについて書かれた記事を見つけました。
OLさんたちが、ランチを同僚たちと一緒に(強制的に)食べなければいけない悲哀がかかれてありましたが、その内容たるや「手作り弁当は、女子力アピールになるから禁止」「順番で食後のお菓子をもっていかないといけない」「個人的に上司にランチに誘われても絶対に行ってはいけない」などなど、読んでいるだけで息が詰まりそうな事例がたくさん書いてありました。
女性の多い職場では、こうしたよくわからない苦労がまかり通るものかとある意味感心するような、呆れるような気がしましたが、一言感想を言うならば「バカバカしい」に尽きます。
皆さん、成人したいい大人の女性のはずなのに、こんなことで消耗することをどうして甘受しているのでしょうか。
仲間外れにされたくない、陰口は嫌、というのは人間ならば誰にでもある心理かもしれませんが、こんな下らないルールを押し付けてくるランチメイトにならば、仲間はずれにされようと陰口をたたかれようと別にいいじゃないかと思ってしまうのですが・・・。
もちろん、私はその職場にいるわけではないので、どうしても従わざるを得ない雰囲気などはわかりませんが・・・。
こんな職場にいたら、退職を考えてしまうかもしれないな、と思いつつ、こんなことで日々悩んでいるOLの人たちが、余計なストレスを溜めなければいいなと思いました。http://www.912inc.co/