来シーズンへの希望の光となったCSでの藤浪投手の投球

CSで第1ラウンド敗退となってしまった阪神タイガースですが、負けてしまった今季の最終戦で今季悩みに悩んでいたエース藤浪投手が少しきっかけをつかめたのではないかと思う投球を見せました。藤浪投手は今季突然制球を乱す試合が続き、2軍に落ちるなどこれまでの順調なプロ野球人生ではなかった挫折を味わう1年となってしまいました。侍ジャパンに選ばれながら、登板機会はほとんどなく、調子が上がらないままシーズンに突入し、突如制球を乱すという悪循環でした。あまりの状態に、「イップスではないか」という報道もあり、復活は難しいのではないかとも思われていました。投げる球は一級品ながらそれをコントロールできないもどかしさが登板のたびに増幅されているような印象があり、不安そうに投げる姿が痛々しかったのですが、CSでリリーフに立ち2回を投げたときには、今シーズン見られた不安定な藤浪投手の投球とはちょっと違っていました。CSという事で注目度も高い試合です。試合は負け濃厚な状態ながらこの注目度の中で投げて崩れなかったことは藤浪投手にとってはかなりの自信になったのではないかと思います。来シーズンは復活した藤浪投手が見れることを期待しています。

ベスト・キッドのスピンオフ作品って制作されていたんですね

先程Twitterを使いメディア関係のアカウントがツイートしている情報を見ていたら、1984年にオンエアーされた映画「ベスト・キッド」のその後の話の事が描かれているスピンオフ作品が制作されたという情報を見て正直びっくりしております。

映画「ベスト・キッド」は自分が生まれた年に公開された映画でありますが、自分は地上波のロードショーで見たり友人にすすめられてビデオをレンタルしてみた感じとなっています。スピンオフ作品が制作されたというのは嬉しいことであります。どうやらあの戦いから34年後の話となっていて、かつて主人公に試合で敗れてしまったあの敵役の方が今度は主人公となって、ストーリーを展開させていく内容となっているようです。

つまりかつて敵役だった方が虐められている若者達を救う番という感じです。どうやらドラマ形式で番組がスタートするようですが、YouTube Red内で放送されるようなので国内では当分先の話になりそうです。脱毛ラボ 部位